2016年12月10日

前前前世 [original ver.] RADWIMPS MV





君の名は。を見てきたからこの曲を紹介しないではいられないですね。この曲はラストに流すべきだったと思いますよ。ストーリー的には現象に関する解説に逃げを感じて、結局あまりよくわからなかったというのが印象です。感動したけど、もっと感動させるためにはきっちりとした2人の入れ替わる現象の意味を説明することが必要だったのになぁと思います。美しい映像のアニメで人気を呼ぶというのはジブリのズルい部分なんですが深海氏もこれを引き継いでいくんでしょうな。これに久石譲が加われば、鬼に金棒。北野武の映画って久石譲がいなければ、これほど評価されることはなかったでしょうな。
posted by 癒し系J-POP音楽 at 18:38| RADWIMPS/沢井美空/小椋佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【フル】RADWIMPS/スパークル(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人



2000万近いアクセスの動画。今日初めて君の名は。を新宿の映画で観てきましたわ。

何故2人に恋愛感情が芽生えたとか、現象の意味にパーソナリティーがないというか、2人が入れ替わる現象を動かしている大本の存在が意味不明とか、ラストでみんなが助かるいきさつが、いまいちよくわからなかったんだけど・・・。主題歌から、2人が同じ霊界のグループソウルから分離して生まれてきて、前世での2人との関係がそのまま、突然男女入れ替わり展開する。そして出会い。紆余曲折を経て、男女のどちらかが身を犠牲にしてもう1人のために死に、後にもう1人も死んで、それと同時に、死後の世界で欠けている男女の部分を補った2人が融合し、1つの偉大な魂になるとか妄想したんだけどね。全然違っていたわw

UFOとか未来人とか、神とかが登場しないのが不条理なストーリーにリアリティーをもたらしているんでしょう。まぁ、普通に面白かったですわ。映像がジブリ作品と同様の王道を行っていますねこれ。映画の大画面でも細部の粗が気にならないアニメなんて久しぶりですわ。

posted by 癒し系J-POP音楽 at 18:23| 癒しの効果があるJPOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする