2014年05月28日

矢野顕子のYoutube公式PV

矢野顕子のYoutube公式動画って、ビクターエンターテインメント内にあるんだけど、公式チャンネルを作ってまとめりゃいいのにと思うんですよね。まだ数が少ないというのもあるんでしょうが。そんなに数はなかったので今後に期待ですね。



世界各国の伊勢丹スタッフダンサー約500名が踊る伊勢丹オフィシャルソング。





posted by 癒し系J-POP音楽 at 02:15| 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

坂本龍一のYoutube公式チャンネル動画

坂本龍一の公式チャンネルがYoutubeに開設されていまして、その公式チャンネルからソースコードを紹介している動画を紹介します。彼の音楽は天国の旋律。音楽によって場のディメンションを天国に染めるかのよう・・・・。癒し効果抜群ですよ。

















posted by 癒し系J-POP音楽 at 20:43| Comment(0) | 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

坂本龍一 - Yamazaki 2002




ウィスキー「山崎」CMソング RYUICHI SAKAMOTO




この曲、CM初めて見た瞬間から、教授の曲だとわかりました。

その時はテロップに名前出てなかったんですが、この音の響き聴け-ば、

わかりますね。 アジエンスも瞬間的に分かりました。

それだけ、彼にしか出せない独特な雰囲気があるのでしょうね。

ただ、「なにも足さない、何も引かない、ピュアモルト・・・」の-ところが教授の

コードの特徴なんでしょう。無駄な音や足りない音がない洗練され-た曲書きますね、確かに。

でも個人的には、山崎より上の「響」で使ってほしかったなと。

教授の「音の響き」こそ真骨頂だと思うから。「響」は素晴らしく-調和のとれたブレンドで

各モルトが響きあう・・・そっちの方が合っているんじゃないか・-・・と思いながらチビチビ飲みながら書いてます (笑) 素晴らしい映像がマッチしていて最高です! 

e34525i 7 か月前 3


音と絵が合ってますね。
posted by 癒し系J-POP音楽 at 02:21| Comment(0) | 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

坂本龍一'The Sheltering Sky'



坂本龍一の曲ってやはり、癒し効果が高い。つんくのように、何が飛び出てくるのかわからない、無尽蔵な才能ではなく、安定した領域からかもし出される天国のハーモニーのよう。一定した音律がとても心地よいわけです。彼の音楽は、常に東洋と西洋の融合を意識させるもので、そういった音楽性で後世評価されるでしょうね。




posted by 癒し系J-POP音楽 at 01:09| Comment(0) | 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

坂本龍一 ちんさぐぬ花



私の好きな沖縄民謡です。坂本龍一流のアレンジがされています。
posted by 癒し系J-POP音楽 at 19:40| Comment(0) | 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

坂本龍一 Little Buddha




リトルブッダの映画は期待したんですが、見たら、肩透かしをくらいましたね。音楽は素晴らしいんだけど。

西洋人には東洋哲学を映像化するのは、無理なんじゃないかと。ただし、日本人が作ってもあまり期待できないですが・・・。


仏陀って、インドで生まれたと思っている人多いんですが、ネパールで生まれたんですよね。それと、ブッダは、偶像崇拝を禁じたんです。仏像や特定の経典を崇拝するのは、仏教では厳禁なんです。

ストゥーパ信仰が出来ガンダーラ仏が生じるまで、それは守られてきたんだけど、人間って、自分の好みで宗教を作り変えていく生き物なんでしょう・・・。大衆って、都合のよい嘘ほど真実になる性質があって、理を解するほど成長していないのかもしれません。

まぁ、私なりに仏教と言うのを簡単に言うと、世の中は無常で、絶対なるものは存在しない。特定のモノに絶対性を付与する事で、執着が生まれ、執着が「苦しみ」を作り出す。何かが必要と言う考えですね。それは、自我を補強しているんです。こうすると苦しみはどんどん増大していきます。幻想と妄想で脳がパニックを起こすわけです。

自分ではない自分を演じようと、妄想し、脳の神経伝達、電気信号の行き来が上手に行かず、脳の情報処理がパンクする現象を「苦しみ」と呼んでいるわけです。



だから、「苦しみ」を絶つためには、妄想をやめなければならない。妄想をやめるには、物事への執着(絶対性への執着)を断ち切らねばならない。何が必要かではなく何がいらないかを考え、心の中にある必要で無い物を取り去る事が肝要なわけです。過去と未来の幻想に支配された、自分を第3者的視点から見ることができれば尚宜しいです。これには、仏陀の瞑想と称されるヴィパッサナー瞑想が絶大な効果を発揮します。

泥水から、不純物を取り除けば、綺麗な水が残ります。

執着(物事に絶対性を付与する)⇒過大な希望とありもしない幻想⇒嘘。

執着が嘘なら、執着の原因となる地位も名誉も、権力、容姿、財産もいらない。宗教も教祖もいらないんです。

嘘は脳の混乱を生じさせます。嘘を取り除いていくと、心の中の湖面の波が収まり、湖の底から光り輝く真実の我が現れてきます。これが、顕在意識にかろうじて現れてきた、嘘偽りの無い我々の本体です。


仏陀の作った、仏教は苦しみを絶つための心理メソッドなわけです。仏教の名をかたり、特定の仏教団体に属さないと不幸になるなどと、団体に雁字搦めになっている人を見るに付け、なんと幻想の度が深いかと思うわけです。

仏陀の作られた偉大な教えは、没後2500年を経過した段階で、一部を除き、執着を増大させるなど、まったく異質のもの。場合によっては、邪悪なものに変質してしまったのは悲しいですね。

posted by 癒し系J-POP音楽 at 23:37| Comment(0) | 坂本龍一/矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする